ありがとう、世界

ただただ萌えと推しの尊さを語るだけ

おとどけカレシ Vol.3 芦屋奈義

 

どうも、和奏です。

おとどけカレシ」も続々とファンディスクが出てますね◎

ようやく初期シリーズを全て聴き終えたのでその感想を。

※具体的なネタバレは出来る限り避けますが本編の内容に触れるものなので、苦手な方は閲覧をお控えください。また、あくまで一個人の感想ですので価値観の違い等を受け入れられない方にも閲覧はお勧めできません。読後の苦情や誹謗中傷等のコメントは受け付けませんのでご了承ください。

 

目次

 

ざっくり紹介

田丸さんのシチュCDを聴くの初めてかもしれません。

おとどけカレシ Vol.3 芦屋奈義

おとどけカレシ Vol.3 芦屋奈義

 

相変わらずジャケイラ綺麗だなぁ…

 

トラックリスト

  1. First day
  2. Second day
  3. Third day
  4. Fourth day
  5. Fifth day
  6. Sixth day
  7. Seventh day
  8. True lovers day
  9. Stole my heart (short ver.)

 

感想

ちょっと小言多めになってしもうたぁ。

 

悪い人ではないが好きにはなれん

単純に私の好みではなかったってだけの話なんだと思うんですよ。

悪い人ではないはずなんだよだってそれなりに萌える部分あったし。

ただねぇ…やっぱりこう、素のモードの彼に見下されてる…というかバカにされてる感ありありなのが私は嫌なんだなと。

 

とことん自己投影できないヒロイン像

これもあくまで和奏さんの場合ね。

奈義くん曰く「脳内お花畑」×「保育士」…

うん。このヒロインさんに私はどうやって自己投影したら良いのか(真顔)

こういうCD聴いて現実逃避しちゃってるからあまり声を大にして言いたくはないけども、それなりに和奏さん普段の生活は現実主義というか、かなりドライなんですよ。

ロマンチック?何それ美味しいの?みたいな←

一応シチュCDは夢を詰め込んだものって認識ですのでね、現実世界でも夢見てわーきゃー言うことはそんなにないです。

強いて言うならいわゆるイベントとか舞台観に行った後くらいかな。

こんな性格してる上に子ども嫌いなので、まー自己投影なんて出来るはずもなく。

というかむしろこれあれだね、私が奈義くん寄りの思考なんだね( ˘ω˘ )苦笑

 

リップ音が上手いのは救いなのか否か

奈義くん…というか田丸さんリップ音上手いのね…

これ田丸さんファンにはたまらんやろなぁと思いながら聴いてました(他人事)

私は冷静に聞き流してしまいましたが←

 

まとめ

Twitterとかで感想やらキャラごとの特徴まとめを見かけることもあり、それと共感する部分はありましたが、だからと言って好きにはなりませんでした(^^;

主な理由を一言でいうと似てるからですね、私に←

現実主義を盾に相手の趣味嗜好に小言を言ってしまう…私も気をつけていますが無意識にやってるかもしれないなぁと思うと自己嫌悪と共に同族嫌悪の感情が…

「てめーと一緒にすんな」って言われかねないですが(^^;

まぁそんなこんなでハマる人にはハマる、ハマらない人にはハマらないCDかなって思います←