ありがとう、世界

ただただ萌えと推しの尊さを語るだけ

Love on Ride ~ 通勤彼氏 Vol.9 深山大樹

 

どうも、和奏です。

このところ今までにないペースでレビュー更新してるなぁっていう…笑

今日も今日とてレビューですが。

 

※詳細なネタバレは可能な限り避けていますが、本編の内容に触れる記事ですので苦手な方は閲覧をお控えください。また、あくまで一個人の感想なので価値観の違いや小言等を受け入れられない方にも閲覧のお勧めはできません。読後の苦情や誹謗中傷コメントは受け付けませんのでご了承ください。

 

目次

 

ざっくり紹介

見たことのないお名前だなぁと思ったら若手の俳優さんらしい。そりゃ知らないわけだよぉぉぉ。

Love on Ride ? 通勤彼氏 Vol.9 深山大樹

Love on Ride ? 通勤彼氏 Vol.9 深山大樹

 

可愛い見た目してるな深山大樹くんよ。まぁ声も可愛かったんだけど。

でも正直今回に関してはタイトルに偽りありだとおもう(マジトーン)

 

トラックリスト

  1. 01.タイトルコール
  2. 02.カフェ・カプチーノ
  3. 03.電車の中で
  4. 04.休日は映画デートで
  5. 05.大人の階段
  6. 06.公園で特訓中に
  7. 07.舞台当日
  8. 08.二人の打ち上げ
  9. 09.とびきりの甘いカプチーノ

9トラックで1時間弱ならまだサクッと聴ける方…ですかね?

 

感想

小言もちらほら出ております。批判ばかりではないけど結構辛口←

 

キャストについて

よく調べてみたらツキステ。の時の葵くんだと知ってびっくりです(灬ºωº灬)

私自身はツキウタ。よりもツキプロの、というか後続の方をがっつり推してる人間なので、ツキステ。も行ったことがなく…苦笑

確かにこの声で「葵くんやってます」って言われたら納得する気がします◎

 

劇団員×カフェバイト=どツボ

コーヒーおばさんとしてはカフェ店員ってだけでも美味しいのに役者を目指してるだとぉぉぉ!!

設定が美味しすぎる…( ˘ω˘ )

舞台役者さんって普段はバイトされてる方がほとんどですもんね…だからこそ推しの役者さんに出会えた時にはめいっぱい応援したいなぁと思っている今日この頃です◎

 

閑話休題

 

いわゆるコーヒーショップとかカフェの店員さんって男女ともにおしゃんな人が多いと思うんですけど、ジャケ写見る感じ大樹くんもばっちりそっち寄りですよね…笑

 

だがしかし滑舌が悪い

なんか、こう…上手く言えないんですけど、何となく舌っ足らずというか、語尾が伸びる感じっていうんですかね、言葉の切れが悪い印象がありました。

あとところどころすごく棒読みなのが目立つ。

わざと、というかディレクション通りにやってるんだとしたらすごいけど聴いてて違和感が残るので多分違うと思います(^^;

おそらく声優としての経験はまだ浅いんだろうと思いますし、今後も積極的にこういう系統の作品に出演されるかは分かりませんが、俳優さんだろうと声優さんだろうと滑舌は大きな課題になると思います。

 

声自体はとても爽やかで人気ありそうな感じなので、克服できれば伸びしろは無限にあるんじゃないかと勝手に思っています←

あれだけ滑舌が、とか棒読み感が、とか言いましたがお芝居のシーンでは自主練と本番で同じ台詞喋ってるのに全然違って聞こえたのでそこは素直にすごいなって思いました。流石俳優さん◎

 

シナリオが分かりづらい

シナリオが、というか2人の関係性が最後まで聴かないとはっきり分からない感じがして何とも。

お互い絶対好意的に相手を見てるんですよ!だからこそ返って分かりづらくなってしまってた感が否めないなと。

「タイトルに偽りあり」って前述したのはこのシナリオが原因ですはっきり言って。

まぁ9作品目ともなるとキャラが被らないようにするのも大変なのかもしれませんが、それこそシナリオライターの腕の見せ所なのでは…?

 

まとめ

部分的にすごく辛口になってしまった(真顔)

微笑ましいしワンコっぽい大樹くん可愛いなとか思ったし、萌えるポイントはそこそこたくさんありましたがまだまだ発展途上な気も。

もちろんこれはこれでとても可愛いので好きなんですけどね◎