ありがとう、世界

ただただ萌えと推しの尊さを語るだけ

BBB -Honeylip- Episode.1

 

どうも、最近になって組織特有の理不尽と対峙し始めました和奏です。

あれこれ頼まれるのは別にいいんだけど然るべき手順を踏んでくれー。

 

それはさておき「BBB」シリーズ、遂に続編がリリースされたのでそのレビューをば。

※具体的なネタバレは可能な限り控えていますが本編の内容に触れるものですので、苦手な方は閲覧をお控えください。また、あくまで一個人の感想ですので価値観の違いや小言等を受け入れられない方にも閲覧のお勧めはできません。読後の苦情および誹謗中傷コメントは受け付けませんのでご了承ください。

 

目次

 

ざっくり紹介

発売日前日にフラゲするつもりでアニ○イト行ったのにもう売り場に出てなくて、奥から出してきてもらったけど連動特典終わってて白目剥いたよね…

BBB-Honeylip- episode 1(CV.古川慎/土岐隼一)

BBB-Honeylip- episode 1(CV.古川慎/土岐隼一)

 

いやぁ…人気なんだね君達…ゆーて私もがっつりハマってるけどさ…←

 

トラックリスト

  1. prologue~Bandman & BAKA~
  2. [chapter 1] The case of Bandman
  3. [chapter 2] The case of Bandman
  4. [chapter 3] The case of Bandman
  5. an anecdote~Bandman & BAKA~
  6. [chapter 1] The case of BAKA
  7. [chapter 2] The case of BAKA
  8. [chapter 3] The case of BAKA
  9. epilogue~Bandman & BAKA~

やっぱり今回もトラックリストが全部英語でタイピングに苦労した私だよ(真顔)

 

感想

"芸能人あるある"…?

歩夢くんパートは割と表題通りというか、まぁよく週刊誌とかゴシップニュースで見かける系のアレですねって印象でした。

前巻のラストでメジャーデビューが決まっていた彼ですが、仕事とファンが増えればその分気を回さなければいけない場面も増えてくるということなんですねぇ。

そんなこんなでハラハラさせられた部分もありましたが最終的には丸く収まっていてホッとしました( ˘ω˘ )

ていうかここぞって時にやることが男前でカッコ良いんだよ惚れ直すだろちくしょー◎

 

流石セレブはやることが違う

クルーズ船で旅行とかもう一般人のそれとスケールが違うよね…流石セレブ…笑

 

CDの作りとして歩夢くんパートの方が先にくるのでそこでハラハラした分、将輝くんパートは割と終始穏やかに聴けたように思います。特段目立つハプニングがあったわけでもないし…

彼女さんが元々フツーの人なので、前巻でもセレブと一般人の感覚の差みたいなものはちょいちょい出してきていた気がしますけれども。

今回も変わらず…というかまぁそりゃ落ち着かないよねって感じで一般人の私としては自己投影しやすいというか、入っていきやすいシナリオだったかなぁと。

 

2人のやりとりが騒がしくてかわいい

単体CDの時もそれなりに騒がしかった2人ですが、そこがしゃべってたらそりゃ面白いよねっていう…

割と彼女さんを振り回してる感のあった将輝くんですが歩夢くんには敵わないらしくて笑いました( ˘ω˘ )

どんな時でも誰が相手でも自分のペースに巻き込んでいく…恐るべし大瀧歩夢…

そんな歩夢くんに対しては基本的に塩対応の将輝くんですが、歩夢くんが真剣に悩んでたりヘコんでたら心配してくれる辺りやっぱり優しい子です◎

 

まとめ

最初から最後まで穏やかに聴ける、というワケではないですが後日談CDとしては内容のしっかりした、且つコンパクトにまとまった1枚だったんではないでしょうか。

 

前巻シリーズの歩夢くん、将輝くんのレビューにはそれぞれこちらから飛べます↓

elmundohermoso.hatenablog.com

elmundohermoso.hatenablog.com

読み返してみたら2人ともそれなりに萌えあり笑いありのシナリオだったなって思い出して笑いました。

このシリーズの中ではこの2人はコメディ枠なんだとおもう( ˘ω˘ )←

 

「Honeylip」シリーズ公式サイトのリンクもぺたり。

sankaku-label.jp

やっぱり後から追加になった4人も後日談出るんだね…