ありがとう、世界

ただただ萌えと推しの尊さを語るだけ

SWEET×SWEET 高松凛太朗

 

後頭部にニキビができました、和奏です。

後頭部って何故……?

 

それはさておき、今日もレビューを書いていきますよー◎

※一定年齢を推奨する作品となります。詳細なネタバレは可能な限り避けますが、台詞の引用等も含むので、高校生を含む18歳未満のお嬢様方やこういったジャンルが苦手な方は閲覧をお控えください。また、一個人の感想ですので価値観の違いや苦言等、受け入れられない方にも閲覧のお勧めはできません。読後の苦情、誹謗中傷コメントは受け付けませんのでご了承ください。

 

意図せぬ内容の露呈を防ぐため、数行下げさせていただきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

目次

 

ざっくり紹介

定期的に土門さんボイスで甘やかされたい期が来るので…それで…買ってしまった…←

SWEET×SWEET 高松凛太朗(CV.土門熱)

SWEET×SWEET 高松凛太朗(CV.土門熱)

  • アーティスト:土門熱
  • 発売日: 2020/02/28
  • メディア: CD
 

このシリーズ結構前から出てると思ったんですが、土門さんのやつはリリースがまさかの今年…!

 

トラックリスト

  1. おはよう
  2. 食べさせてあげる
  3. まだお昼だよ
  4. いつの間にか
  5. おやすみの前に
  6. ぜんぶあげる
  7. 抱っこするよ
  8. 大切なお嫁さん

 

感想

ヒロインさんの呼び方が独特

このシリーズ聴くの2回目なんですけどヒロインさんの呼び方が相変わらず独特だなぁという印象ですね( ˘ω˘ )

何ていうか「アッほぼ常にその呼び方なの!?」って思ったというか「このタイミングでそう呼ばれるとちょっと違和感あるな」と思う時がありまして。

まぁでもエヴァンさんの時も「独特な呼び方するなぁ」とは思ってたんですよ…レビューの時に明記はしませんでしたけど…←

 

エヴァンさんのレビューはこちらから↓

elmundohermoso.hatenablog.com

 

文字通り"甘やかされる"CD

まじでこれです( ∵ )

仲良し夫婦が一緒に休日を過ごすシナリオなのでほんとに四六時中一緒にいるし、アレソレ関係ないところでもただただヒロインさんが甘やかされる感じなのでこれはやばい。

ほんっとーーーに、やばい(やばい)

 

シナリオ自体が日常感溢れてるからだと思うんですが、口調が非常にナチュラルで良い意味で台詞感がない分余計に夫婦感がリアルというか、"素で話しかけられてるし甘やかされてる"って感じがしてとんでもなくやばいやつでした…

先月テトラさん演じる結婚5年目の旦那さんが「甘々過ぎてやばい」と申した記憶がありますが(←)その比じゃないですほんとにやばい(語彙力)

 

結婚5年目の夫婦のレビューはこちらから↓

elmundohermoso.hatenablog.com

 

凛太朗さんのところは結婚してどれくらい経つのか分からないんですが、それこそ「絶対まだ新婚だろ」って言いたくなるぐらいの糖度です( ˘ω˘ )◎

初々しいというよりは「こんなに可愛い人が俺のお嫁さん!!幸せ!!!いっぱいいちゃいちゃしちゃう!!!」って感じなのでね…笑

「一生やってろ!!!ごちそうさまでした!!!」ってなったんですがこれきっと私だけじゃないですよね???←

 

まとめ

すごい、いろんな意味で「Oh...」ってなったCDでした( ˘ω˘ )笑

全体的にスパダリ感がすごいというかスパダリ以外の何者でもないというか…微笑ましいシーンもあったはずなのに、大概甘やかされてる所為で思考が停止するのあかんですね…

"スパダリと言えば伊志嶺さん"的なこと考えてたんですが(←)、彼とはまたベクトルの違うスパダリだなって思った次第( ˘ω˘ )

 

伊志嶺さんのレビューはこちらから↓

elmundohermoso.hatenablog.com

伊志嶺さんカプはそもそも半分ビジネスパートナーなところもあるので、ベクトルが違うのはある意味当然のような気もしますが。

 

ていうか自分で読み返して思いましたけどこの記事"やばい"としか書いてないな…←

語彙力よ、降ってこい(真顔)

 

2021.01.19 追記

テトラさんの巻のレビューを早々に書いていたというに…

何故今日の今日までここにリンクを貼るのを忘れていたんだ私は…!

 

ということで(←)リンクをぺたり( ˘ω˘ )◎

elmundohermoso.hatenablog.com

好きな声のトーンだし糖度高いしで悶絶必至って感じでした…最高……(語彙)