ありがとう、世界

ただただ萌えと推しの尊さを語るだけ

SWEET LOVER ヒモの彼 -彼を甘やかす-

 

ファ○マさんのキャンペーンに踊らされて缶チューハイを2本も買ってしまいました、和奏です。

それはさておき、今日もレビューを書きますよー( ˘ω˘ )

※詳細なネタバレは出来る限り避けていますが、一部台詞の引用を含む本編の内容に触れる記事且つ一定年齢を推奨する作品ですので、高校生を含む18歳未満のお嬢様方やこういったジャンルが苦手な方は閲覧をお控えください。また、あくまで一個人の感想ですので辛口評価を含む場合もございます。価値観の違いや小言等を受け入れられない方にもこの先の閲覧はお勧めできません。読後の苦情、および誹謗中傷コメントは受け付けませんのでご了承ください。

 

意図せぬ内容の露呈を防ぐため、数行下げさせていただきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

目次

 

ざっくり紹介

新作情報が出た時に見えた"CVテトラポット登"の文字に「またお前か!!!」と思いつつ(←)息するように予約した女ヲタクは私です。笑

ゆるふわな雰囲気をお持ちの子ですね◎

今回のヒm…いえ、彼氏さんは鴇田碧(ときたあお)くんというそうで。

 

トラックリスト

  1. 日常
  2. 碧の一日
  3. たまごやき
  4. ふわふわ
  5. 夕陽の中で
  6. いてくれるだけで

なんか可愛いタイトルが並んでますね…癒しかな……?

 

感想

とある年下男子が脳裏によぎる

CVテトラポット登で、ヒモで、そんな彼を甘やかす…

……

………なんか既視感ある気がするのは私だけでしょうか???笑

 

いや、違うよ!!

別に某三森亮太くんがヒモとか思ってないよ!!!彼ちゃんと働いてるし!!!←

……いえ、正直「似たようなもんだろ」とか思ってましたごめんなさい(真顔)

でもさぁ一緒に住んでるにも関わらず生活の大部分をほぼヒロインさんに頼ってる感じがそっくりなんだよこのメンズさぁ…

 

亮太くんのレビューはこちらから↓

elmundohermoso.hatenablog.com

 

脳裏によぎると言いつつ、私個人としては正直「碧くんだったら一緒にいても良いかなぁ(精神衛生的な意味で)」ってなりました◎笑

タイトル通り碧くんはヒモ…ということで、つまりは無職なワケですが、彼の人間性的に「ヒロインさんが納得してるのであればオールオッケーでは???」って感じの印象だったので…( ˘ω˘ )

あと正直"自分でごはんが炊ける"というだけでもうポイント高い←!?

 

悪意を感じる"かつての友人"

なんやかんやで碧くんが"かつての友人"について話をしてくれる場面があるワケですけれども。

詳細は実際に聴いていただくのが一番早いと思うのですが、何というか「人当たりの良いイケメンも楽じゃないのねぇ」って感じでしたし、個人的には碧くんがどうのというより「その友人性格悪くない???」って思ってしまったんですよね…(^^;

まだ友人だった頃のエピソードもそこそこ胸糞悪いし、つい最近の出来事もなんか…「もう関わりないならわざわざ嫌味言わなくても良くないですか」って感じでね…

私は碧くんほど穏やかじゃないので(←)、同じような謂れで責められようものなら「そういうとこが短所として彼女の目に映ったから結果的に彼女の心がお前から離れていったんじゃねーの」ってどストレートに言っちゃう自信がありますし、未だに嫌味言ってくるってことは「結局のところ碧くんが羨ましいんですか?自分は養ってもらえないからですか???」って煽りつつ訊いちゃう気がしますね(ニッコリ

 

普段とアレソレのギャップ

ビジュアルといいトラックタイトルといい先述のようなやりとりといい、普段はめちゃくちゃ穏やかでゆるふわな子なのにアレソレの時といったら…!

責め方が絶妙というか、誘導するのが上手いんですよ!!

ヒロインさんも結構恥ずかしがってる感じだったし、聴いてるだけなのに「勘弁してくれぇ…(n n*)」ってなりました…恐ろしい子だわ鴇田碧……←

 

まとめ

絶妙にこちらに世話を焼かせてくる系男子ですが、お礼や労いの言葉が当たり前に出てくる時点で大勝利です◎

ヒロインさんといつまでもお幸せにな…(おせっかいババァ降臨)