ありがとう、世界

ただただ萌えと推しの尊さを語るだけ

ロマンスコネクト chat.4 榊稚冬

 

来月以降CD爆の予感しかなくて震えています、和奏です。

毎月末私は何枚CDを積むことになるんだろう←

 

というぼやきはさておき、今日もレビューを書きますよー。

※あくまで一個人の感想です。多少の小言を含む場合がありますので、価値観の違い等割り切れない方の閲覧はお勧めできません。また、具体的なネタバレは控えていますが軽く内容に触れる程度のことは書いておりますので、ネタバレが地雷な方も閲覧は控えたほうが良いかもしれません。読後の苦情は受け付けませんのであしからず。誹謗中傷コメントはお断りです。

 

目次

 

ざっくり紹介

「ロマンスコネクト」シリーズ、CV古川慎遂にキターーー!!(落ち着け)

ロマンスコネクト Chat.4 榊 稚冬

ロマンスコネクト Chat.4 榊 稚冬

 

榊稚冬(さかきちふゆ)さんは病院で薬剤師として働く29歳だそうですけれども。

美形だな???←

 

トラックリスト

  1. 隠された本音
  2. 変化する関係
  3. 恋するレッスン
  4. 素顔の接近
  5. 素直になれなくて
  6. 絶たれた繋がり
  7. 気づいた気持ち
  8. あの時、見つけたのは

 

感想

慇懃無礼な感じがすごい

初っ端からあまり褒めてない感じのタイトルでアレですけれども(^^;

何ていうか「うさんくさいっていうか、なんか逐一イヤミっぽいな…!」って序盤で思ってしまったので、多分現実世界で出会ってたら私なら2回以上会わないだろうなって感じの人でした(ド失礼)

まぁシナリオが展開していくにつれて稚冬さんの人となりやら、マッチングアプリに登録した理由やらが分かってくるので、そこまで聴くと「あーなるほどね」って感じになるんですけれども。

ていうか「確かにこういう性格の人はよほど何かしらの事情がない限りこういうアプリ使わないですよねハイ( ˘ω˘ )」って謎の説得力すらあったように思います←

 

「………誰?」ってなる

いやまじで。笑

既に2~3回通しでリピートしてるんですけど序盤とラストのギャップに毎回「お前誰や」ってなります←

 

あれだけヒロインさんにダメ出しした挙句そこそこひどいこと言って突き放しておきながら、自分の気持ちに気付いた後の行動がこう…"クソ重束縛野郎"感がすごくて(言い方)

「懐の広いヒロインさんで良かったねぇ…」って言いそうになりました。

何度も言いますが仮に現実世界で私が稚冬さんみたいな人と出会っていたら多分こんな展開にはなりません( ˘ω˘ )

初対面、もしくは2回目のデートの時点で「なんでアンタにそこまで言われなきゃなんないの???」ってこっちがキレて(←)終わる。多分。笑

 

ゴリゴリの固定観念持ってるタイプ

恐らく、というかCD聴いてると何となく思うのが「"男女交際"や"デート"にゴリゴリの固定観念持ってそう」ってことなんですよね…!

で、今回のヒロインさんはその固定観念から悉く外れていたらしいので非常にダメ出しされていたワケですが、私から言わせると「ヒロインさんは純粋に未知との遭遇してるだけなんじゃ…」って感じで、勝手に稚冬くんが"ヒロインさんは「つまらないデートだった」と思っている"と思い込んでいる辺り「違うんじゃぁぁぁ」って声を大にして言いたくなりました←

何ていうかこのシリーズ、定期的に"固定観念ゴリゴリタイプ"のメンズ出てきますね(真顔)

1巻の棗くんとかもそうでしたしね…

 

レビューはこちらから↓

elmundohermoso.hatenablog.com

 

まとめ

割と終始小言言ってるみたいなレビューになってしまって若干の申し訳なさがありますが←

何というか「かつてこれほどまでに異性から素でダメ出しされたヒロインがいただろうか…(反語)」みたいな気持ちになりましたㄟ( ・ө・ )ㄏ←

とはいえダメ出しし続けるのって実は面倒見がよくないとできない気もするので、何だかんだ良いカップルだったんじゃないでしょうか。笑

 

マッチングアプリに登録した経緯などから見ても1巻~3巻までのメンズとは毛色が違うというか、まぁ棗くんとは多少重なる部分もありましたが「他のメンズの追随を許さないレベルで塩…!」ってなったのが新鮮であり面白かったです◎

まぁ先述の通り現実世界で私が出会っていたらこんなハッピーエンドにはならないんでしょうけど。苦笑

 

他メンズのレビューはこちらから↓

elmundohermoso.hatenablog.com

elmundohermoso.hatenablog.com

 

上の方でも多少言及しましたが、きちんと2人の気持ちが通じてからの稚冬さんは何ていうか、イヤミな感じが一切なくなるのは良いとしても本当に"クソ重束縛野郎"だししれっとお触り(←)してくるし、いろんな意味で頭を抱えましたㄟ( ・ө・ )ㄏ

CV古川慎はこういうとこあるからなぁ(遠い目)

だがしかし嫌いじゃないよそういうの←

 

2021.04.11 追記

稚冬さんの後に発売された2人のCDもそれぞれちゃんと聴きましたー◎

2巻ともレビューのアップが完了したため、こちらにもリンクを貼っておきます↓

elmundohermoso.hatenablog.com

elmundohermoso.hatenablog.com

良い子達だった……