ありがとう、世界

ただただ萌えと推しの尊さを語るだけ

SWEET×SWEET 綾瀬郁馬

 

来月もそこそこ週末が予定で埋まりそうな和奏です。

今のうちから部屋の掃除・整理を進めていかなくては…

 

というぼやきはさておき、今日もレビューを書きますよ◎

※詳細なネタバレは出来る限り避けていますが、一部台詞の引用を含む本編の内容に触れる記事且つ一定年齢を推奨する作品ですので、高校生を含む18歳未満のお嬢様方やこういったジャンルが苦手な方は閲覧をお控えください。また、あくまで一個人の感想ですので辛口評価を含む場合もございます。価値観の違いや小言等を受け入れられない方にもこの先の閲覧はお勧めできません。読後の苦情、および誹謗中傷コメントは受け付けませんのでご了承ください。

 

意図せぬ内容の露呈を防ぐため、数行下げさせていただきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

目次

 

ざっくり紹介

スイスイシリーズ、遂にテトラさんの巻も出てしまった……!

SWEET×SWEET 綾瀬郁馬(CV.テトラポット登)

SWEET×SWEET 綾瀬郁馬(CV.テトラポット登)

 

この男性は綾瀬郁馬(あやせいくま)さんというそうです。

32歳で公認会計士…ウン、そうね…そんな感じの見た目だわね……

 

トラックリスト

  1. 美味しい紅茶
  2. 夜のドライブ
  3. 展望台で
  4. バスキャンドル
  5. 焦らさないで
  6. かわいいおねだり
  7. 幸せな時間
  8. 一緒に過ごしたい

 

感想

落ち着きあるテトラさんボイス最高

テンション高めでチャラチャラしているテトラさんも可愛いのですが、やはり私は落ち着きのある低音ボイスなテトラさんが好きなので、郁馬さんはビジュアル・ボイス共々落ち着いていて最高でした( ˘ω˘ )

声のトーンといい話し方といい、何となく「今宵の月~」の和己さんと似てるかなって感じです。

 

和己さんのレビューはこちらから↓

elmundohermoso.hatenablog.com

 

ヒロインさんと郁馬さんは元々習い事の先生と生徒(年下のヒロインさんに郁馬さんが教わる立場)という関係だったらしく。

今でもヒロインさんに対して郁馬さんが敬語になったり"先生"って呼んだりするのはその頃の名残りのようで、聴いている身としては「微笑ましいやりとりしてんなぁ」と幸せな気持ちになります◎

また、トラックタイトルにもある通りバスキャンドルなどというシャレオツアイテムと共にお風呂でまったり~なんて描写もあるので、聴いているだけですが非常に癒されるなどしました…!

「やりとりが微笑ましいだけじゃなかった…なんだこの素敵カップル…!」ってなった次第です。

 

まぁだからってね、お風呂の中でアレソレ始めて良い理由にはならないけどね(真顔)

途中でちゃんとお風呂上がったから許しますけど( ˘ω˘ )

 

時々やっぱり呼び方が独特になる

このシリーズ、今まで黒井さんや土門さんのCDも聴いてきたのですが、2人ともそこそこ独特な呼び方でヒロインさんのこと呼ぶんだよなぁと思っていまして…笑

 

彼らのレビューはこちらから↓

elmundohermoso.hatenablog.com

elmundohermoso.hatenablog.com

 

CVテトラポット登ということで「推しキターーー!!!」ってなって買いましたが、正直聴くまで「アッ…そういえばヒロインさんのことどう呼ぶんだろうこの人…ネタ的な方向に走らないと良いけど…」なんて思っていた面もあり(^^;

基本的に"貴方"とか"先生"と呼ばれることが多いので先ほど紹介した2人と比べてそこまで気にはならなかったのですが、アレソレ終わった後に一瞬「ん?お、おぉ」ってなる場面があって「あー…独特な呼び方するのはやっぱり健在だったかー…」ってなった次第。

 

アレソレがえっち過ぎて死ぬかと思った

最近CVテトラポット登のCD聴くと大体これ言ってる気がしますけれども。←

先ほど少し言及したお風呂でのいちゃこらもそうだし、お風呂上がった後もそうだしっていうかむしろお風呂上がりが本番なんだけど色々いたたまれなくて死にそうでした(n n*)

無理矢理感は一切ないしヒロインさん最優先な感じさえするのに"気付くと「はい」って言わせてる"系というか、有無を言わせない感じなのがね…「そこはかとなくやばいな」って…思うよね…!!笑

とりあえず「実況すんな!!!」って言いたくなったのは私だけじゃないと思いたいです…( ˘ω˘ )

 

好きな台詞

ちょいちょい爆萌えさせられてる感←

  • 「俺から楽しみを奪わないでよ」

ヒロインさんの職場から彼女の自宅まで送り届ける少しの間でも彼女に会えるのが癒しなんですってー!

ヒロインさんが送り迎えを遠慮しないようにってニュアンスも絶対あるとは思うのですが、それにしたってこういうことをサラッと言えるの素敵すぎませんか…!

  • 「貴方は、俺に少し会えただけでデートだと思ってくれるんだね」

は~~~ヒロインさん可愛い(天を仰ぐ)

そりゃー郁馬さんも感極まってちゅーしちゃいますよね分かります( ˘ω˘ )←←

  • 「一緒に、暮らさない?」

暮らしてくださいそしてさっさと籍入れてくださいお願いします(土下座)

こんな素敵カップルには1日も早く夫婦になっていただきたいなと…また"おせっかいババァ"の血が騒いでしまう…!←

 

まとめ

郁馬さんも素敵だったしヒロインさんも素敵なCDでした…!

疲れてる時に自己投影しながら聴いたらめちゃくちゃ癒されるんだろうなと思った次第です。

自己投影しなくても可愛いカップルが微笑ましいやりとりしながら夜を過ごす様子が楽しめるので、回収して良かったなと思っています◎